読解力を測る
リーディングスキルテスト

 

リーディングスキルテスト (RST) とは、
「日本語のルールに従って教科書の文章を読むことができない生徒がいるのではないか」
という仮説のもと、診断法や教授法の開発を目的に設計及び調査が進められている
基礎的な読解力を測るテストです。

RSTとは?

活動報告 %katsudou%
導入事例 %dounyuu%
新着情報
RSS2.0
以下の日程にてシステムメンテナンスを行います。 2024年2月10日(土)22時~24時の間に5分程度 メンテナンス期間中は以下のサービスが5分程度利用できない時間がございます。メンテナンス終了後にご利用ください。 ホームページ閲覧 サポートルーム 申込サイト 成績ダウンロード ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
大学Timesに、リーディングスキルテスト(RST)を導入している大妻嵐山高等学校が紹介されました。 大学Times Vol.51 2024年1月発行連載シリーズ 高等学校インタビュー読解力を磨き自立した女性を育む 社会貢献を見据えた教育改革とは~大妻嵐山高等学校~ --「リーディングスキルテスト(RST)」導入は、高校3年生の受験指導の際、小論文や志望理由書を苦手とする生徒が思いの外多いことに気付いたことがきっかけです。書き方を指導する前段として、「小論文やテストの問いを正しく読み取れていない」という意見が文理関係なく他の教科担任からもありましたので、生徒が日頃から“教科書を読めたつもりになって”授業を受けているとしたら、教員にとって由々しき事態だと考えました。そこで、全生徒の読解力についての実態を知り、その結果を受験指導だけでなく日々の授業に生かそうと、本テストを2年前に導入しました。
「JTB Group New Year Partnership Meeting 2024」(1月11日開催)で当研究所代表理事・所長の新井紀子が行った講演の記事が掲載されました。 航空新聞社 ウイングトラベル 1月12日「人工知能がもたらす人間と社会の未来」 --新井紀子教授「AI使いこなす読解力と判断力を」今回の「JTB Group New Year Partnership Meeting 2024」では、数学者で国立情報学研究所社会共有知研究センター長の新井紀子教授による「人工知能がもたらす人間と社会の未来」と題する特別講演が行われた。 (全文表示は有料)
福島民友新聞の社説に、リーディングスキルテスト(RST)を導入している相馬市教育委員会が紹介されました。 福島民友新聞 1月6日付社説読解力/教科書分かる力を育てよう --相馬市教委は3年前からRSTを軸として、各教科で教科書の文章の意味の理解に時間を割くようにした。授業ごとの目標や課題の文章の写し書きにも力を入れている。 この結果、同市のある小学校では全国学力テストで国語、算数とも全国平均を上回るようになった。一人一人の子どもの学力の推移を見るふくしま学力調査でも、県平均を上回る成長が見られる。
当研究所代表理事・所長の新井紀子の記事が掲載されました。 寺子屋朝日 1月1日新春特別教育対談―変化の時代、子どもが自ら学び 未来を切り開いていける力を --AIの普及でホワイトカラーの仕事がどんどん失われていくと言われているこれからの時代。子どもたちにどのような力を身につけさせるべきなのか。SAPIX YOZEMI GROUP 共同代表の髙宮敏郎さんが、『AIに負けない子どもを育てる』の著者である新井紀子さんに話を聞いた。
本日確認された、結果の再表示・受検の再開の不具合は、本日22時からのシステムメンテナンスで復旧する見通しです。 受検結果の再表示を行う場合は、明日(12月27日)6時以降に、受検用URLにアクセスし結果の再表示を行ってください。なお、受検の再開によって2重受検となってしまったケースがございましたら、重複分を請求対象からはずす対応を取らせていただきますので、こちらのフォームよりお問い合わせください。 この度は、多大なるご不便、ご迷惑をお掛けしましたことを、お詫び申し上げます。
現在、結果の再表示、受検の再開に一部不具合が生じております。確認と復旧に向けて作業しております。復旧出来次第、ホームページ上でご案内いたします。ご利用の皆様にはご迷惑をおかけしていることをお詫び申し上げます。